バイオフィリア:自然とのつながり

“気候変動や大気汚染など、環境問題に対する関心が地球レベルで高まりを見せつつある昨今、改めて自然の大切さを考える機会が増えてきています。そうした中で、昨今トレンドになっている言葉の1つに、バイオフィリアがあります。バイオフィリアは、日本語では「生物親和性」などと訳されますが、「生物」や「自然」などを意味する言葉である「バイオ」に、ギリシア語で「身近なものへの愛」を意味する「フィリア」を合わせた造語です。

マキシマリストアート

“室内空間から物を減らすのではなく、多くの物を所有しつつ目に見える所に配置するマキシマリストは、物理的に多くの物を各所に設置するからこそオリジナリティが強く感じられるデザインにさせられます。マキシマリストの室内装飾で基本になるのは室内空間に余白を生み出さないという事なので、余白が発生している所には多くの物を大胆に積み重ねていくと良いです。

手作りの作品を最大限に活用する

“部屋を個性的に飾りたい、インテリアデザインに少しだけ凝ってみたい、そんな場合に活躍するのが手作りの作品です。DIYやハンドメイドを趣味として楽しんでいる、という方は多いでしょう。作った作品を室内装飾に活用すれば、より楽しい気分を味わうことができます。素敵な作品を作って飾り、ホームパーティーに友人や知人を招けば、会話も弾むでしょう。

有意義な断捨離

“室内空間に物が溢れて以前よりも窮屈な生活環境になってしまったり、自宅に居ながらにして清々しい気持ちなれる有意義な時間を過ごしたいという時に最適なのが断捨離です。

自身のインテリアデザインスタイルを見つける

自分の好みでない、気に入らないインテリアの中で生活するよりも、自分の好きなテイストの室内装飾で過ごした方が気分は良いものです。どのようなインテリアが好みなのかということは、自分にしかわからないものです。様々なインテリアデザインスタイルがあるので、自分にとって心地の良いと感じるスタイルを見つけてみると良いでしょう。

年末だから、収納上手♪

年末大掃除、早めに取り掛かりましょう!  早いもので、師走も半分が過ぎてしまい今年も残すところわずか。年末といえばやっておきたいのが大掃除です。というわけで今回は、お掃除のプロ「クリーンサービス そよ風」に取材に行ってきました。

賢いマイホームの買い時はいつ?

ついに、2014年4月の消費税増税が決まりました。 家づくりを検討中のみなさんの中には、「いつが買い時かしら」と悩んでいる人も多いのでは? しかし実は、知っておけば絶対プラスになる情報があるんですよ!と聞いて、福岡FP総合事務所 総合ファイナンシャルプランナーの土井健司さんに、いま賢く家を買う方法を尋ねました。

コドモのお城!?それとも秘密基地!?IDC大塚家具でイマドキの学習デスクを調査

子どもがいる家庭なら必ず通る問題、それが“学習デスク選び”ですよね。もうすぐやってくる入園・入学シーズンはもちろん、新築や引っ越しなどでも必要になる大切な家具のひとつです。そこで、永く付き合える確かな家具を扱う『IDC大塚家具 福岡ショールーム』で、最近の学習デスク事情についていろいろ聞いてきました。

冬も暖かなおうち特集

一戸建ての冬は寒いというイメージをお持ちの方がまだまだ多いように見受けられますが、 実は、住宅展示場のモデルハウスの中は、裸足でもぬくぬく!! その秘密である、最新の「冬でも暖かなおうち」をご紹介します。 断熱材とエアコントロールシステム 外からの熱を遮断し、温めた空気を循環させるシステムなど。 「魔法瓶のよう!!」と表現されるくらい、温めた熱を逃がさない仕組みがすごいんです。 悠悠ホーム 外断熱+遮熱の外張り断熱工法 冬は暖かく夏は涼しいのが外断熱工法。 今までの常識だと、暑かったり寒かったりで使い勝手の悪かったロフトや屋根裏部屋も いつでも快適な空間にしてくれます。 断熱に使われている、アキレスのキューワンボードは国内トップレベル!! スタッフさん手作りの模型で、この外断熱の良さを伝えたい!というオモイがたっぷりです。 スウェーデンハウス  床暖房なしでも素足でぬくぬく!! くるくる窓でおなじみのスウェーデンハウスさん。寒い国ならではの断熱が素晴らしいです。 ウールを着た家。という表現も可愛い!! スウェーデンの自社工場で壁を横にした状態で、断熱材をギューギューに詰め込んでるそう。 分厚いガラスの三重サッシは、窓際でも寒くないんです。もちろん、夏も暑くならない。 高気密・高断熱は、窓が大事ですね! 永大ハウス パッシブソーラーハウス 太陽熱や風、地熱などの自然エネルギーを機械や設備なしで建物に取り入れて活用します。 (パッシブソーラーハウス) 基礎、壁、屋根を高性能な断熱材がすっぽり包み込みます。(外断熱工法) そして壁体内に通気層統治壁空洞を設け、エアパスダンパーで空気に一定の流れを作ります。 (壁体内通気工法)  機械を一切使用しないエアパス工法は3つの工法特性を併せ持ったより理想に近い住まいです。 エヌエイホーム 超高気密・高断熱の外壁レンガ アクアフォームは無数の細かい連続気泡の中に多量の空気を含んでいるため ほかの断熱材に比べて優れた断熱性能を発揮します。 余計な暖冷房エネルギーを削減でき、CO2の排出量を減らすことが可能です。 70ミリ以上の外壁レンガによる外側断熱と、 内側断熱材の二重断熱工法で省エネに貢献。 冷暖房効果と効率を高めてエネルギーの無駄使いをなくし、 環境や家計に優しいエコ生活を実現します。 70ミリの厚さの外壁レンガ。内側にも断熱材を充填しており、 二重のガードで快適な室内環境を守ります。 東宝ホーム ハイブリッドエアコントロール 東宝ホームの断熱材は、遮熱面材付き硬質ウレタンフォーム アキレスの「キューワンボード」使用。  壁断熱には30ミリ厚の遮熱面材付断熱材、屋根断熱には45ミリ厚の遮熱面材付断熱材を使用。 そして基礎部分にも30ミリ厚の断熱材を使用し家全体を断熱し、 外部気温の影響を受けず温度差の少ない家づくりができます。 そして注目のハイブリッドエアコントロール 夏場の淀んだ床下空気を一階天井内設置の全熱交換機で熱交換させて排気、給気による(減湿された)新鮮な空気で床下を撹拌。撹拌された空気が壁内に通気されるようにしています。 地中熱の影響を受けた冬場の床下空気は平均約19℃前後です。 その暖かい空気を直接床部材にあて、床材のひんやり感を軽減。 また、乾燥した暖かい空気はその熱を伝達していきます。 セキスイハイム九州 あったかハイム♪ 一日中おひさまと一緒に過ごせるボウウィンドウと高性能換気システム「空気工房」を標準装備。 高気密・高断熱を実現するグラスウールを採用!

夏におススメ!涼しい家づくり

暑い夏がもうすぐ! 湿度の高い日本の夏、昔から涼をとるために様々な工夫がされてきましたが、一戸建ては「暑い」というイメージがあると良く聞きますが、そんなイメージを払しょくする、最新の技術がhit住宅展示場のハウスメーカーさんにはたくさん詰まっています。

1 2