LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【暮らしのトレンド】新築、リフォームなら要チェック! 南青山のインテリアショップ2号店がオープン!

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

 

 

今年4月にBiVi福岡3Fにオープンした『DESIGN STUDIO WOOOD』は、なんとインテリアの激戦区、南青山にある東京店の2号店。

ロハスをテーマに世界各国の天然材や珍しい建築資材を取り揃え、オリジナル家具をはじめ、オーダーメイド家具、ヨーロッパ諸国からセレクトしたインポート家具を取り扱っているので、新築やリフォームの際にぜひチェックしてほしいショップです!

オリジナルの内装材

まずは、内装材をご紹介しましょう。

ココナッツ製壁用建材「ココモザイク」です。

100%天然のココナッツの殻を使った壁用建材は、身体に優しく、驚異的な通気性と通水性で壁に適しています。これまで不要として廃棄されていたインドネシアのココナッツの殻を再利用しているので、環境にも優しく、まさにロハス! 全ての工程を手作業で行うことで、現地雇用に貢献しているというのも好感が持てます。

ココナッツ製建材写真

 

 

「WOOD STONE」もデザインスタジオウッドならではの商品。

ウッドストーンは木化石、珪化木とも呼ばれ、古代に何らかの原因により土砂に埋もれた樹木が地層からかかる圧力によって二酸化ケイ素という物質に変化したもので、水晶と同様に固く、希少性が高いとのこと。アメリカやヨーロッパでは観賞用に高値で取引されているそうです。

岩のようにゴツゴツした表情の中に、木材の繊細なディテールが感じられる独特の質感が魅力です。アクセントウォールとして写真のように施せば、高級感があって空間がぐっと引き締まります♪

015

016

 

 

 

 

これはまた別の内装材ですが、壁の一部分に施しても室内のアクセントとして効果的。

プレゼン写真②

これらの内装材は、お部屋に表情を生むという意味でとても素敵です。昼はもちろん、お客様からは特に夜の照明で一層雰囲気が出ると好評だそうです。

 

相談のタイミングとしては、着工してからでも間に合うものもありますが、建設設計打ち合わせの時がベストです。

 

 

デザインスタジオウッドが扱う無垢材

そして店内には、様々な材種の無垢板が並び、それらで作られたテーブルが展示されています。

IMG_2492

ということで、ここからは無垢テーブルについてご案内しましょう。

デザインスタジオウッドでは、かねてから家族の歴史や絆を確かなものとして引き継ぐのは“本物”のテーブルしかないと考え、無垢材で製作。心を癒す木のぬくもりはもちろん、無垢材それぞれの表情を楽しむことができ、使うにしたがって馴染む感覚や、何気なくつけられた傷などが味わいとなっていきます。経年変化を楽しみながら、子供へ、そして孫やひ孫まで残していけるものを提案したいという考え、共感できます!

実際に、無垢材のテーブルにしてから、「ぬくもりがあってよい」「子どもも含めて家具を大事に使うようになりました」というお客様の声も多く聞かれるとのこと。

 

無垢材は、この道40年以上の木材の目利きとともに、よく乾燥した質の良い、確かなものだけを競り落としていて、問屋などを通さずに店頭に並ぶので、余計な中間マージンが発生しません。つまり、良いものを安くお客様に提供できるというわけ。材種も、日本では一般的にはなかなかないアフリカ材やアジア材のような個性的なものも揃っていて、トータルで30種類以上もあるとか。

オーダーメイドなので、好きな木を好きなサイズで作ってもらえるのもうれしいところ。もちろん、脚の種類や取り付け位置も自由にデザインすることができます。

 

テーブル以外にもリビングカウンターや玄関、建具などでもオーダーできますよ。

 

「暮らしのトレンド」記事一覧へ >>

理想のお部屋をイメージギャラリーで探しましょ

関連記事

新着記事