LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

最近よく聞く「ダブル発電」ってなに?

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

最近、「ダブル発電」という言葉をテレビなどで耳にしますよね。
家づくりを考えるみなさんだったら、ガスとの併用住宅にするか?オール電化にするか?などなど、悩む人も多いハズ。今回は、ダブル発電の秘密を調べに、西部ガスのショウルームである「リビングスタジオ  ヒナタキャナルシティ」におじゃまして来ました!

キャナルシティ博多の3Fにあります

キャナルシティ博多の3Fにあります

 

天然ガスで発電!=エネファーム

ダブル発電、の前に質問!
ガスで発電って? エネファームでどうやって発電するんですか?」
「天然ガスから取り出した水素と空気中の酸素を化学反応させて、電気と熱をつくるんですよ」
とのこと。ふだん私達が使っている電気は、発電所で作られて電線を通って自宅まで届きます。実はその自宅に届くまでの間に、60%ものエネルギーロスがあるのだそう。ですが、この「ガスで発電」するエネファームという商品は、自宅で発電します。ここでつくり出した電気は、自宅で使用する電力として、そしてつくりだした熱は、お湯をつくるのに使われるのです。だから、エネルギーロスが少なく環境にやさしいんですって

ちなみに、これがガスで発電するエネファーム(パナソニック製)です。

この2つを設置します

この2つを設置。ここで発電し、お湯を沸かして貯めます。

果たしてどのくらいの発電量があるかというと、家庭で使う年間の電力使用量の、約60%をまかなうくらい!
けっこう多いですよね。しかも「どの時間帯に、それぞれの家庭がよく電気を使うか、お湯を使うかを学んで、自動的に効率よく発電してくれるんですよ」ですって!賢い!

気になる光熱費ですが、当然ながら電気料金が減り、ガス料金にはマイホーム発電メリットという特別な料金体系が適用されることもあり、年間で6万6000円くらいお得になるそうです。
なるほど!

その他にも、発電量はエネファームに比べると少ないのですが、たくさんお湯を使う家庭に向いているエコウィルという商品もあります。

「暮らしのトレンド」記事一覧へ >>

理想のお部屋をイメージギャラリーで探しましょ

関連記事

新着記事