LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【教えて!家づくりの先生】vol.13 無印良品に学ぶシンプルでスタイリッシュな収納術 第3回

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

第3回 モジュール統一で、スッキリ収める

 

今月の先生
MUJI キャナルシティ博多
インテリアアドバイザー
黒田さん

 

Q.無印良品で人気の収納を教えてください。

定番の収納用品として、「ポリプロピレン」の収納ケースがあります。

K126_01-2_10SSF_R 

衣装ケースとしては、押し入れなら奥行き65cm、クローゼットなら奥行き55cmと、それぞれ“ちょうどいいサイズ”を展開しています。

K126_02_10AWF 

 

幅18cmのストッカーなどは、隙間収納に重宝します。キッチン台と冷蔵庫の隙間や、洗面台と洗濯機の隙間などを有効に活用できますよ。高さもストッカーの組み合わせ次第でスッキリと揃えられます。

他にも幅や奥行き、高さでさまざまなサイズがあるので、スペースに合わせて組み合わせることができます。半透明なので、中身が見えるのも実用的です。

また、ポリプロピレン収納にはどれもキャスターを付けられるので、衣装ケースにキャスターを付けて、衣替えは場所を移動させるだけにしたり、動かしやすいのでお掃除もラクにできたりと、便利です。

 

 

他に、天然素材の収納も人気です。

良質な素材を手編みした「ラタン材」に「ブリ材」、アバカ(マニラ麻)の表皮部分を手で縒ったロープを編んだ「バクバク」の収納があります。

最初にご紹介した「スタッキングシェルフ」に組み合わせることもできますし、それぞれ同じ大きさのバスケット同士は積み重ねて使えます。フタも別売りしているので、閉じて使うこともできますよ。

 

ここまでご紹介して、気づいた方もいらっしゃると思いますが、『無印良品』の最大の魅力は、小さな収納用品から大型の収納家具までモジュール(基準寸法)を統一しているので、バスケットやボックスは棚にすっぽりと収まり、棚は他の(無印良品の)家具と高さや幅が揃います。カトラリーや文具のような小物まで同じ考え方で作られているので、スプーンや皿は引き出しに整然と並び、ファイルやノートも棚にぴったり。

 

お気に入りの家具を購入した後、それに合う収納用品を探すのは大変ですが、『無印良品』であれば、後から買い足したり、レイアウトを変えたりするのも簡単に、そして美しくできるのです。

 

Q.設計段階から収納の相談をしたりできますか?

店舗には収納アドバイザーがたくさんいますので、お気軽にご相談ください。

また、インテリア相談会という、お部屋や家具のプランニングサービスも行っています(無料)。インテリア専任のアドバイザーがご相談から納品まで担当しますので、ご予約の上、お越し下さいませ。

いかがでしたか? 『無印良品』の商品は、私もいろいろと利用していますが、シンプルでナチュラルなので、お部屋に馴染みやすいんですよね。収納も、モジュール統一というのが、そこまで徹底されていたとは驚きでした。長く使うことを考えると、ニーズの変化に合わせて買い替えたり、買い足したりできるのはうれしいですよね。

今回ご紹介した商品は、全国の『無印良品』のどの店舗でも購入できますが、九州で最大規模のMUJIキャナルシティ博多では、実際に展示が多くされているのでイメージしやすいですよ。

 

MUJI キャナルシティ博多

福岡市博多区住吉1-2-1 ノースビル3〜4F
tel 092-282-2711
営業時間:10:00〜21:00

「教えて!家づくりの先生」記事一覧へ >>

理想のお部屋をイメージギャラリーで探しましょ

新着記事