LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

教えて、家づくりの先生!vol.3 家づくり世代のマネーライフ第3回

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

イマドキ世代は、こうお金とつきあいましょ

名称未設定 1

 

 

今月の先生
財コンサルティング
川島好加さん

 

 ・お金をめぐる環境は、こんなに変わっている!

みなさんの、身近でもっとも信頼できて相談しやすいのは、ご両親だという方も多いことでしょう。もちろんそれを否定する訳ではありませんが、実は、ご両親が現役世代だった時とは、お金ににまつわる状況は激変しています。

【両親世代】=お金が増えていた時代

・終身雇用が基本
 雇用が確保され、収入が安定していました

・給料は年齢を重ねるごとに右肩上がり
 今のシニア世代では、入社時に比べて退職時のお給料が20倍くらいになった人がたっくさんいるんです!

・金利は3〜9%の高金利
 普通に貯金をするだけで、お金はどんどん増えていた時代でした。

 

【イマドキ世代】=お金が増えない時代

・給料が上がらない
 終身雇用(一社をずっと勤め上げる)という働き方ではなくなっていますし、年功序列もいまや崩壊。突然の失職の可能性もあります。正規雇用ではなく、非正規雇用が主流になってきています。

・0.02%レベルの超低金利は継続中
 なんと100万円を預けても、 1万円の利息がつくのは50年後!!これではお金は殖えません。

ご両親には当然悪気はなく、自分たちが成功してきた方法をアドバイスされることが多いのですが、こんなに直面している状況が違うのです。だからこそ、ご両親からのアドバイスを鵜呑みにせず、自分自身で大切なお金のことを考えるよう、努力して欲しいと思います。

 

 

money_10000

・貯蓄+投資でお金を作るという考え方を!

「投資」と聞くと、それだけで身構える人もまだまだ多いと思います。しかし「お給料は殖えない」「金利は低い」けれども、「子ども一人の学費に1500万円必要」「住宅取得に3000万円必要」「老後の蓄えに3000万円必要」という今の社会では、お金を殖やす方法を学ぶ必要があります。

 

・当面必要なお金は、貯蓄で。
生活費やこれから5年間くらいの間で必要になりそうなお金は、預金として手元に置いておく必要があります。必要な時に、使えるお金は貯蓄で準備しておきましょう。

 

・10年間以上使わない予定のお金は、投資に。
当面の間使う予定のないお金は、投資にまわしましょう。間違ってほしくないのですが、投資はけっしてマネーゲーム(投機・賭博)ではありません。先ほどお話しした、両親世代はリスクをとらずに、真面目に働き、貯蓄(元本保証)をしていれば、お金が殖えた時代です。しかし、いまの時代はそのままではお金は殖えません。そこで、お金の知識が必須となります。リスクをとって、お金を殖やす方法を学ぶ必要があります。この場合のリスクとは、危険という意味ではなく不確定(ぶれ)があるということ。つまり「必ずしも元本保証ではない金融商品で、お金を殖やす」ということです。正しい知識と、時間をかけた資産運用で、将来への備えをすることができます。

 

これまでのお金の常識がどんどん変化している現在。みなさんが正しくお金の知識を持って、安心して幸せな将来を過ごせるお手伝いができたらと願っています。

 

取材協力

財コンサルティング 福岡支店

福岡市中央区春吉3-21-18第10ダイヨシビル7階701号

TEL 092-402-4143

http://www.4143.com

「教えて!家づくりの先生」記事一覧へ >>

理想の子供部屋をイメージギャラリーで探しましょ

新着記事