LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【大野城】自然素材をふんだんに使用した悠悠ホーム「&;(アンド)」に見学に行ってきました♪

LSCレポーター

LSCレポーターは、暮らしの特派員。
最新のモデルハウスなどの住宅情報と暮らしのアイデアを徹底レポート。住まいや暮らしの様々な疑問にも、女性ならではの消費者目線であなたに代わって取材します。

投稿記事一覧 >>

 ヒット住宅展示場大野城にある悠悠ホームにお邪魔してきました。
その名も、「&;(アンド)」です。
大野城の展示場に入ると、一番最初に目に飛び込んでくるのが、この「&;」。
オーストラリア産のタイルでシックにまとめられた外観と、空間づかいの素晴らしさが、かなり目を引きます!
そして実は、このモデルハウスは、「&;」ならではのいろんな要素が盛り込まれた住宅なのです。
今回は、その数々をご紹介していきたいと思います。

悠悠ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>> 

素足で無垢材の心地よさを体感♪

玄関を入ると、ピーカンを使った床が広がっていて、その無垢感が最高です。
そして、木のぬくもりある温かい香りが漂ってきます。スリッパがなかったので、あれ?と見渡すとこんなことが書かれていました。
「素足のままお上がりいただいて、床の無垢の感触をお楽しみください」というわけで、もちろん素足で入らせていただきました。
ピーカンは、とても質の良い木であることは聞いていましたが、感触が本当に気持ち良くて、しかもほんのり温かいぬくもりを感じました。
天井は、吹き抜けになっていて、しかも大きな窓もあるので、照明が必要ないくらいとっても明るい開放的な空間が広がっています。

「おうちカフェ」的な店舗併用住宅

さきほど、「&;」ならではの要素が盛り込まれた住宅とご紹介しましたが、そのひとつがこちらのスペース。
カフェみたいでしょ!こちらは、ちょっと本格的な「おうちカフェ」的な空間になっているのです。

今、店舗併用住宅を希望される方も増えてきているようで、アトリエや工房など、ご自分の趣味スペースを思い切ってフリースペースとして設けることは珍しくないようです。なんだか、夢が広がりますよね!
アイディア次第でどんどん夢が膨らんで、もうわくわくが止まりませんでした☆
店舗として使わなくても、客間として使っても良いようで、使い方はその人の自由!
昔は、客間は和室のようなイメージでしたが、今はこんな風にオシャレな空間を提案していただける時代になったのですね。

悠悠ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>>

さてさて、1Fリビングへと進んでいきます♪

こちらは、玄関ホールとつながっていて間仕切りがないので、これまたとっても解放感たっぷり。
しかも、こちらも吹き抜けなんです!家の中に2か所も吹き抜けがあるって、素敵過ぎます!! 

リビングも、ピーカンが使われていて、思わず寝そべりたくなっちゃいます。
担当の方には、「ぜひ寝転がってみてください!」と言っていただきましたが、そこはお断りして・・・でも、担当の方にそう言わせるくらい、本当に質の良い木材を使用しているのです。そして、こちらにも「&;」ならではのこだわりポイントが!
テレビの裏の部分なんですが、何のスペースだか分かりますか?

悠悠ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>> 

こちらは、リビングに併設された書斎スペースなんです。
しかも、リビングより何段か高く作られているので、書斎の机には掘りごたつが!
子どもの勉強は子ども部屋ではなくリビングで・・・というように、書斎にこもるっていう価値観もなくなりつつあるようで、書斎で読書を楽しみながらも、家族の声を聞いていたいというリクエストも多いようです。
そんな声から生まれたこの書斎は、リビングとつながりながらも、多少の間仕切りを用いてプライベート感を作り、ゆるやかな特別空間を演出しているようです。
家族のコミュニケーションが途切れることなく、ずっと続いていく・・・そんな空間だと思いました☆

悠悠ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>>

ママに嬉しい☆家事動線の良さ!!

こちらは、キッチンとダイニングを一体型にした空間です。
こういう形は、実は初めて見たのですが、私的にはありだなって思いました。
好みがはっきり分かれるでしょうが。。。
こんな風に一体型にしているのは、実は理由があるのです。
それは、あるスペースを確保するため!
実は、キッチン&ダイニングの横には、主婦には嬉しいこんな隠れスペースが☆ 

悠悠ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>> 

 全ての作業がこのスペースで完了します。
洗濯・アイロン・ミシンなどなど。
そして、日用品や雑貨など、普段目に触れたくないものは、全てこちらのスペースに収納できます。
棚もたくさんあって、収納スペースはばっちり確保されています。
そして、玄関の裏側に位置するこの作業スペースですが、実は下駄箱もこの空間内にあります。
しかも、下駄箱の横には水道がつけられているので、汚れた手を洗ったり、スポーツをしているお子さんには、ちょっと靴を洗わせたりなど、主婦には嬉しい気遣いがほどこされています。
この水道は、大人気です。
作業スペースの先には、キッチン&ダイニングからも行き来できる設計されているトイレもあります。

さてさて、2Fに上がってきました♪

 

2Fには、子ども部屋・主寝室・和室があります。

まずは、子ども部屋から。
こちらも、たくさんの木材が使われていて、木貼りした天井が特徴です。
しかも、この子ども部屋には、ロフトがふたつも! 

 

 

 

 
こちらは、和室です。

担当の方が、この和室をたいそう気に入っておられたので、大きな写真で載せてみました。
この「&;」には、1Fスペースにカフェスペースを設けているので、和室は2Fにあります。
和室=客間という認識が薄れてきていることは書きましたが、それでも和室は絶対に欲しいという方がほとんどだとか。
私も絶対に和室は欲しい派です!

 

寝室はこんな感じ♪シックな感じで、良い雰囲気です。
ベッドの奥に、ガラスの壁がありますが、その奥が右側の衣装スペースとなっています。
そして、衣装スペースから左に進むと・・・ 

悠悠ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>> 

なんと、バスルームが!ベランダのテーブルには、ビールまで準備されています☆
素敵!!!洗練されてて、すごくセンスある空間でした。
しかも、ドラマに出てくるような、面白い仕掛けが・・・

これ、なんだかわかりますか?実は、1F部分のキッチン&ダイニング裏のママの作業スペースへと続くランドリーシューターなのです。
2Fでお風呂に入って、脱いだものはこのランドリーシューターへ入れて、下のかごに入るという仕組み☆
おもしろーい☆

外断熱だからこそ作れる空間

悠悠ホームは、外断熱が優れていることは有名ですよね。
私も、外断熱にはすごく興味があって、実際にどんな素材のものなのか、どういう風に良いのかっていうのをずっと知りたかったので、今回は詳しく教えてもらいました。
実は、この日はとっても寒くって、風が強いし冷たいしで、冷え性の私にはとっても辛かったんです。
でも、こちちらのモデルルームに入ってきた瞬間、とっても温かくて、ホッとしたのを覚えています。
しかも、玄関で素足になって以来、ずっと素足のまま1時間くらいたっているのに、全く寒くなかったんです。
その謎は、この後解けました。

悠悠ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>> 

高断熱・高気密設計で冬は暖かく、夏涼しく

悠悠ホームの家は、断熱材で住まい全体をしっかり覆い、熱の出入りを大幅に少なくしているそうです。
そうすることによって、全ての部屋を快適な温度に維持でき、各部屋の温度差が少ないそうなんです。
私の実家は、夏は2階が暑くて、しかも3階部分の屋根裏部屋なんか、絶対に立ち入ることはできませんが、悠悠ホームの家では、屋根裏部屋であろうと、そういったことがないのだそうです。
実際、普通の家の屋根裏部屋部分は、どのような空間になっているかというと・・・

完全にロフトとして、寝たり遊んだり収納したりという、スペースになっています。
真夏なんかは、当たり前ですが天井が一番暑くて70度くらいになるそうなんですが、そんな状況のなかでも、この3階部分のロフトは全く暑くなくて、実際天井に触ることもできるのですが、熱さは全く感じないそうです。そんな、外断熱の実際に使われているものが、アキレスQ1ボードというものなんだそうですが、実物はこちらです。

こちらが、熱を入れない!逃がさない!こだわりの断熱材Q1ボード。
今、日本にある断熱材の中で、トップレベルのものなんだとか!
右の模型は、スタッフの皆さんの手作りだとかで、それだけこの外断熱のメリットをお客さんに伝えたいという意気込みを感じました。
右の写真で、左がQ1ボードで家を覆ったもの、右が内断熱の家。
見た目で、どちらが良いかは一目瞭然なんですが、窓以外は全てしっかりと覆っています。
悠悠ホームさんの家は、窓がすごく多いのに、なんで寒くないんだろう・・・私ずっと素足なのに、なんで足が冷たくないんだろう・・・その謎が解けて、ますます悠悠ホームが好きになってしまいました。

また、悠悠ホームは、免疫住宅という一面も持っています。
実は私、小さい頃からぜんそくやアトピーがあって、ずっと悩まされているのです。
そんな中、悠悠ホームで使われている木材には、FFC加工というものが施されていて、それが体にとっても良いようなんです。

悠悠ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>>

FFC免疫住宅

FFCが施された木材を使った家に住むと、いろんな体に良いことが起こるようです。
・マイナスイオン効果で自然の中の空気環境に近づけられる
・カビの抑制で、アレルギー症状を抑えられる
・お肌がきれいになり、アトピーが改善される
私のような人には、目にうろこなお話ですが、実際に泊まってそのことを体験できる家を建てているのです!
春日だったかな?実際にあるようなんで、ぜひ一度泊まりに行ってみようと思います。
話を聞けば聞くほど、体に優しい家づくりをしていて、特にお年寄りや小さなお子さんでも、安心して住めるのではないかと思いました。

さてさて、いろいろご紹介してきましたが。。。

これで全てのご紹介が終わりました。
最後に、私がいつも書かせていただいている、主婦に大人気の照明コーナー&雑貨コーナーを載せて終わりたいと思います。
それでは、またどこかで^^ 

悠悠ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>> 

 

 

今回取材したハウスメーカーは

悠悠ホーム

こころとからだの健康を育み、家族をつむぐ生活空間を提供することを使命と考えています。 独自の遮熱・外断熱により、熱効率のよい大空間を実現。 家族のホットなコミュニケーションが生まれます。 FFC免疫木材を使用した空間は、カビ、ダニ、VOCの発生を抑え、免疫力を高め、住むだけで心身共に健康になれます。 また、木にこだわった、100年頑丈で三代にわたって長持ちする住宅を提供させて頂いています。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

マリナ通り

マリナ通り

香椎浜

久留米

関連記事