LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【大野城】谷川建設モデルハウス リニューアル

LSCレポーター

LSCレポーターは、暮らしの特派員。
最新のモデルハウスなどの住宅情報と暮らしのアイデアを徹底レポート。住まいや暮らしの様々な疑問にも、女性ならではの消費者目線であなたに代わって取材します。

投稿記事一覧 >>

大野城展示場 谷川建設のモデルハウスがリニューアルオープンということで、皆さんより一足先に取材に行ってきました。

その名も、『檜の家 故郷(こきょう)

 

隅々まで取材してきましたので、どうぞご覧ください!

玄関に入ると、檜で囲まれた和な雰囲気の茶の間(来客用スペース)が登場します。

この茶の間を囲むようにして、右に進めばリビング&キッチン、左へ進めば和室&2階へと続いていきます。

 

玄関に立った時にふと感じたのが、まるで森林をお散歩しているかのような、そんな感覚。

見学に来られた方も、「木の良い香りがする」と喜ばれる方が多いそうなんです。

それは、このモデルハウス『故郷』が、(ひのき)をふんだんに使っているからなんです。

谷川建設の情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

こだわりポイント① 日本人の心の原点を大切に・・・

谷川建設は、建築材料に檜をふんだんに使うということに、大変こだわりを持っています。
それは、檜が歴史的建築物には欠かせない建材だったからです。

世界最古の木造建築といわれている法隆寺をはじめ、東大寺など歴史的価値の高い建築物のほとんどに檜が使われていたといっても過言ではありません。

檜は、日本人が昔から親しみ支えられ、ともに生きてきた深い絆で結ばれたものなのです。

 

さてさて玄関を右に進むと、リビングが見えてきます。

圧倒的な解放感!

そこは、今にも家族の笑顔が溢れてきそうな、そんな空間が広がっていました。

このリビング、なんとも温かみのある優しい雰囲気がしませんか?

それはきっと、床材に檜の無垢材が使われているからなんだと思います。

無垢材だからこそのこの色合い、私は一目で惹かれました。

谷川建設の情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

こだわりポイント② 家にいながら「森林浴」

空気の澄んだ森や滝には、マイナスイオンが溢れています。

このマイナスイオンには、精神や呼吸の安定、自然治癒力を高め、体を健康な状態へと整える(免疫力を上げる)働きがあります。

檜の無垢材を使った家には、「森林浴」と同じ効果があるのです。

営業の方に、いろいろお話を伺っている間、リビングで少しの時間ですが過ごすことができました。

やっぱりこの檜のかおりは、最高に癒されます。

「檜の無垢材って凄いですね~!」なんてお話しながら、ふと天井を見上げてみると、なんと天井にも檜の無垢材が使われていたんです!

檜の無垢材へのこだわりが、ひしひしと感じられました!

 

実は、中庭もあるんです!

天井はなく、そのまま空へとつながっています。

晴れの日は、キラキラ日差しが差し込んで、なんとも気持ちの良い時間が過ごせますね。
雨の日であれば、「あっ今日は傘がいるなっ」なんて朝食時の家族の会話が聞こえてきそうな間取りです。

 

中庭の右隣のスペースは、ゆとりの空間となっています。
最近では、このゆとりの空間の必要性を感じているご家庭が多いようです。

この奥にキッチン&ダイニングがあるので、ママが夕飯の支度をしている間に子どもたちが宿題をしたり、まだ赤ちゃんであれば玩具を置きマットを敷いてキッズスペースにするのも良いだろうし、はたまた夜子どもたちが寝静まったら、PCを開いてママやパパそれぞれのおひとりさま時間を楽しんだりなんかも良いかもしれませんね!

谷川建設の情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

キッチン&ダイニングは、広々としたスペースにゆったりと配置されています。

最近では、お客様の要望で、キッチンの後ろ側は全て収納になっているものが多いようです。

もちろん、キッチンはIHorガスどちらでも選べます。

キッチンに立ってみて、一番感動したのは、ご覧のとおり全てのお部屋が見渡せるということ!

家族の様子が一目瞭然です。

子どもがまだ小さいと、今どこにいるのかがとっても気になります。

私も2歳になる息子がいますが、母親だけでなく息子自身もママの位置は常に確認していて、顔が見えていると安心するので、こういう設計は本当にありがたいですね!

 

設計者の家族に対する思いやりが感じられます。

谷川建設の情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

キッチンの隣は、洗面所&浴室です。

見てください、この高級旅館のような洗面台。

素敵ですよね~!

湿気を吸収する檜板張りの内装仕上げです。

 

さらにお風呂もすばらしい。

もちろん「檜風呂」!

天然素材をふんだんに用い、快適さと健やかさを追求しました。

また、檜と黒で統一された感じがたまらなく良いですね!

 

1階最後のお部屋は、和室です。

職人の技が光る「わび・さび」。

伝統を意識した空間を演出しています。

谷川建設の情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

さてさて、それでは2階へと行ってみましょう!

2階は、1階にあるゆとりの空間のようなスペースを含む計3つのお部屋となっています。

上の写真は子供部屋です。

もちろん、檜の無垢材を使っています。
できれば、子ども部屋には、子どもの健やかな成長を考え、檜の無垢材をできる限り使ってあげてほしいとのことでした。

檜パワーで、皆さんのお子さんがご自宅で心身共にリラックス効果が得られたら、本当に良いですよね!

 

 

こだわりポイント③ 天然素材だけを使いたい

 

子ども部屋はもちろんですが、1階・2階全てのお部屋の壁材は「レーベン」という素材を使っています。

「レーベン」とは、ドイツ語で「生きている」という意味。

基本素材は和紙です。天然の海藻類は糊の代わりに使用し、殺菌作用の強いホタテの貝粉でカビなどを防止しています。

また、ほのかな色合いは自然にある色砂を使用し、自然のものでしか味わえない落ち着いた色調を出しています。
夏は湿気を吸収し、冬は水分を供給して湿度調節をしてくれる天然の壁材、谷川建設のこだわりは本当に素晴らしいです。

谷川建設の情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

子ども部屋には、ロフトがついています。
こういうのを見ると、子どものころ憧れた秘密基地を思い出すのは私だけでしょうか・・・笑

階段にも収納がついてます!

 

寝室は、これまでの部屋とは違ったモダンな雰囲気。
低いベッドもなかなかの人気だとか!

 

こちらの最大のポイントは・・・

横になると、窓の外の隙間から、お月様が見えるのです!

これは、わざとこのような屋根にしているんですよ。

ユーモアがあって、おもしろいですねっ。
思わず写真を撮っちゃいました。

 

 

一通り案内していただき、最後にこちらの茶の間でアイスコーヒーをいただきました。

こんな素敵な場所で飲むと、また一味もふた味も違いますね!

谷川建設の情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

担当していただいた金山さん。
元すし職人だったそうです。

とってもユーモアのある方で、谷川建設への愛情をたくさんぶつけてくださいました。
楽しい時間をありがとうございました。

 

+ まとめ +

谷川建設は、日本人のあるべき姿に着目し、伝統や文化を重んじ、時を重ねるごとに家も家族も成長していく家造りを目指しています。

また、『建材 = 食材』と考え、人間にとって食事が重要であるように、家にとっては建材こそが最優先でこだわらなけらばならないものだと考えています。

檜を使うというこだわりは、谷川建設の核の部分であり、また天然素材にこだわるのも、住む人を想えばこその事なのです。

 

週末はぜひ、大野城展示場 谷川建設のリニューアルオープンする『檜の家 故郷』へご家族で遊びに行ってみてください。

きっとあなたの心に残るものになるでしょう。

今回取材したハウスメーカーは

谷川建設

日本の住まいに最高の素材として受け継がれてきた檜。健康や癒しを何より大切にする現代人に選ばれるべき素材です。谷川建設は人々の暮らしに寄り添って日本の住まいのあるべき姿を追求し、檜づくりという原点を見い出しました。確かな技術力、きめ細かなアフターサービスも責任の一つです。また健康住宅と共に、どんなご要望にも応えることができる自由度の高い設計にこだわっています。そのため基本設計の前には、お客様の声にじっくり耳を傾けます。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

関連記事