LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【大野城】大和ハウス工業が提案する、新しい時代の“平屋”

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

 

外観

家を建てるとしたら、みなさんにはどんな希望がありますか? 実は要望が多い住まいのひとつに、「平屋」があるってご存知でしょうか。

一般的な戸建てに多いのが、2階建。子どもが小さい頃に家を購入した人は、子どもが大きくなって独り立ちし、夫婦ふたりの生活になることが考えられます。子ども部屋として使っていた部屋が空き、意外に2階を使わなくなることが多いのだそうです。年配になると、階段の昇り降りもおっくうになったりもしますよね。そこでうまれてくるのが、平屋のニーズ。

 

いま大和ハウス工業さんで注目の家が、「平屋暮らしを選ぼう」がコンセプトのxevo Granwood(ジーヴォグランウッド)。日常、必要な部屋はすべてワンフロアで完結できる、伝統的な日本の暮らし方。それに、「もう一部屋くらいはほしいな」というゆとりある現代の暮らしのための、小屋裏的なもうひとつのお部屋。平屋+αという、イマドキな家に注目が集まっているのです。

 

今回は、実際に建売住宅としてつくられた(つまり、実際の暮らしサイズの)モデルハウスを見学してきました。

 

 

大和ハウス工業の詳しい情報をヒット住宅展示場で見る

 

1F  リビング・ダイニングなど

内観

内観2

とても使いやすいサイズのリビング・ダイニング。
「大和ハウス工業」さんは、軽量鉄骨の家がよく知られていますが、、じつは木造の家も作っています。
この家は、まさにその木造の家。予算の面や、「やはり木の風合いが好き」という人に支持されています。
大和ハウス工業さんの木造の家の特長は、
なんと言っても標準で構造解析を行っている
ということ!

 

実はこれ、義務付けられているものではないのですが、安全を確保するために、大和ハウス工業では自社でおこなっているんです。日本の住まいは、やはり耐震性や耐久性は気になるもの。家を設計する時は、さまざまな希望を組み込んでつくります。「ここに大きな窓がほしい」「できればあまり柱は目立たせたくない」「広い空間が確保したい」などなど。

それを実現するためには、安全な構造になっているかの検証が必要で、それをキチンとやってくださるのです。これはウレシイ!さらには、1Fのガラスやサッシも破られにくいものを採用するなど、防犯性も高めています。これは大手の住宅メーカーのメリットと言えそうです。

1Fには、水回りと寝室があり、まさに平屋の発想である、「1Fだけで暮らせる」というコンセプトが形になっていました。

 

 

大和ハウス工業の詳しい情報をヒット住宅展示場で見る

 

 

2F 小屋裏スペース

階段を登ったスペースにあるのが、小屋裏のスペースです。屋根の流れが部屋の中でも見られる、ユニークなつくり。このスペースは、もちろん子どもが小さいうちは子ども部屋として使ってもいいし、夫婦ふたりで暮らすなら、収納力たっぷりの何度のような使い方をするのもあり。もちろん趣味の部屋として使うのもいいですね。

 

「平屋」がどうしてもコストが高くなるのは、2階建と同様の広さを確保しようとすると土地が広くなくてはならないのと、基礎や屋根にコストがかかるから。それを、広い土地でなくても、1Fで充実した暮らしが送れて、広さを2Fの小屋裏的なお部屋で確保するという考え方。いまの暮らしのニーズに近くて、問い合わせや資料請求もとても多いのだそうです。

 

今なら、実際に見て体験することができますので、一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

大和ハウス工業の詳しい情報をヒット住宅展示場で見る

 

 

理想のダイニングをイメージギャラリーで探しましょ

今回取材したハウスメーカーは

大和ハウス工業

10年、20年、30年・・・、次の世代にも住み継がれていく家。耐震、耐久、省エネといった住まいの基本性能を高めていくことで、暮らしの安心だけでなく、建物にかかる生涯のコストの低減をめざし、ずっと住みつづけたいと愛着のわく家をつくりあげました。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

大野城

大野城

香椎浜

久留米

関連記事

新着記事