LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【大野城】住友林業の新モデルハウスで、木の風合いを体感

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

やっぱり木の家に憧れるわーという方は多いと思います。そんな方にぜひ足を運んでいただきたいモデルハウスが、ヒット住宅展示場の大野城展示場にオープンしています。さっそくお話を聞いてきましたので、ごらんください!

言葉では表現できない「快適さ」の秘密

DSC_0072

 

「あー、なんだか気持ちがいいなぁ」そんな空間ってありますよね?
このモデルハウスに入って真っ先に感じたのは、その感じでした。木の家づくりに定評のある住友林業さん。随所随所に快適のための工夫がありました。

 

まずは、大きくとられた軒先。なんと1メートルの深さがあります。昔の日本の家のいいところは採用しよう!という試みです。夏の直射日光を防いでくれます。
DSC_0068

そのおかげで大きくとることができた、ウッドデッキ。部屋と庭の、役割がはっきり決まらない空間こそ、実は豊かさを生み出します。子どもたちの遊び場に、お母さんの庭作業のくつろぎの場所に、お父さんが一日のつかれをクールダウンさせる場に。家族の工夫で、いろんな使い方ができます。

ちなみに、このウッドデッキで使っている木材は、腐れにくく、ささくれにくく、曲がりに強い硤合を使っているんだそうです。

 

 

オークをいかしたリビング・ダイニングスペース

DSC_0062

1Fの床材として使用しているのが、オーク材。明るくて毎日の生活が楽しくなりそうです。住友林業では、「ビッグフレーム工法」という独自開発の工法で、構造としての強さと耐震性を確保しながら、間取りの自由度をアップさせています。だから大きな空間もとりやすいんだそうですよ。

 

 

DSC_0074DSC_0076

 

ダイニングからもお庭が望めるつくりに。友達家族も呼べそうな広さがいいですね。

たっぷりのパントリーもこの通り準備されています。ちなみにこのおうちは、全体の面積の20%も収納が準備されています。だから家具がなくても、生活感をあまり表に出すことなく整理整頓が可能なんです!

DSC_0059

 

 

ヒット住宅展示場で住友林業の詳しい情報を見る

理想のお部屋をイメージギャラリーで探しましょ

今回取材したハウスメーカーは

住友林業

住友林業の家づくりは、森を育てることから始まります。その歴史は、300年以上も前の1691年までさかのぼります。以来、森から多くのことを学び、その恵みである木のよさを暮らしに活かしてきました。森を大切に育て、木の魅力をふんだんに活かし、心地よい家を建て、そこに人が暮らす。住友林業がおとどけする住まいは、環境と共生しながら長い歳月をかけて完成します。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

マリナ通り

大野城

香椎浜

久留米

関連記事

新着記事