LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【大野城】大和ハウス工業の「明るいおうち」!

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

暮らしサイズの家を見に行こう!

鉄骨のおうちがイメージに強い大和ハウスですが、実は木造のおうちも造っています。九州では福岡しかもhit住宅展示場の大野城会場でしかそのモデルハウスを見ることができないのですが(2013年12月現在)、今回実際に購入することもできる!暮らしサイズのモデルハウスができたと聞いて、取材に行ってきましたよ。

ちなみ場所は、春日市惣利の住宅街にあります。

DSC_0497

 

木造ならではの良さは、やはり木の温かみを感じるデザインにできること!この家でも梁をあえて見せたデザインで、温かみと天井高を演出していました。大和ハウスの木造住宅では、ほかの一般的な住宅より高めの2600mmの天井で、空間を広々と見せています。「吹き抜けを作りたいけど、暖房や冷房の効率が心配で…」なんて方から評判がいいのだそう!

 

大和ハウスの木造住宅では、外貼り断熱をさらに進化させた「遮熱断熱」という技術を、標準で採用しています。宇宙船の遮熱にも使われるようなシートが貼りめぐらされていて、外気に影響されにくく作られています。これが、光熱費を節約するのにとても役に立つのだそう!
建替えをしたお客さんから「今年の夏は、なんだか涼しかったし、電気代が安く上がりました」なんて声が多いのだと教えていただきました★

 

大和ハウス工業の詳しい情報をヒット住宅展示場で見る

 

明るい工夫

今回取材をしていて感じたこと。それは「なんだか家のすみずみまで明るいなー」ということ。
照明が多いということではなく、陽の光がたっぷり取り込まれているという印象なのです。で、おたずねしてみると「窓を多くもうけてるんですよ」とのこと。例えば…

DSC_0510
こちらは洗面室。
洗面台の上に窓が作られていて、白いクロスのおかげで光が十分に回って、清潔感たっぷりです。

DSC_0508
こちらはキッチン&ダイニング。
奥に設けられている窓のおかげで、かなりキッチンでの手元が明るくなっていました。開放感も生まれるんですね〜。

 

このように細かな工夫がきちんとされているのが印象的なおウチ。スタッフの方がおっしゃる「派手ではないんですが、住んでみるとすごく住みやすい家だと思いますよ!」との言葉にも納得。

DSC_0515
例えば、ココも。洗面室の、お風呂から出たところには、2つのポールが付けられていて、タオルはもちろんマットが干せるようになっています。「けっきょく行き場がなくて、洗濯機の上が定位置」なんてこともありません。窓も上下に開閉できるようになっていて、風の通り道ができるのも、水回りを清潔に使うことができるポイント!

 

収納たっぷり!

「住みやすい家」と言えば…。収納も気になるところです

DSC_0520

キッチンの背にも収納

 

パントリー

パントリー


DSC_0496

玄関わきに設けられた収納


DSC_0526

和室の、両開きが便利な押入れ

などなど、十分たっぷりで、さらに使い勝手を考えられた収納が準備されています。
いまのトレンドは、「あまり家具は買わずに、備え付けの収納を利用する」というスタイル。もちろん持つものは厳選したいところですが、的確な収納があるのって、うれしいですよね♪

 

キッチンにクローズアップ!

DSC_0506 DSC_0505 DSC_0504
わたしがもう1点、このおうちでいいなぁと思った点は、家の中心にキッチンがあるつくりなこと。
キッチンからリビング・ダイニングはもちろん、お庭も和室も見渡せるのです。キッチンに立つ時間って、けっこう長いもの。その時間が豊かになるような家のつくりが、ステキだなっと思います。さきほどの大きな開口部やパントリーと合わせて、使い勝手も居心地も、かなりよさそう。

で、そのキッチン。この家は家はガス併用住宅でした。
震災以降、ライフラインをひとつにしないというリスクヘッジをとるおうちも多く、一時期よりもガス併用住宅も増えているそう。さらに床暖房を入れる予定があれば、ガスの効率がいいのだそうです。この家にも、リビングとダイニングに導入されていましたよ。

いかがでしたか?実際に見てみたい!という方は、hit住宅展示場の大和ハウスまでお問い合わせくださいね!

 

大和ハウス工業の詳しい情報をヒット住宅展示場で見る

理想のお部屋をイメージギャラリーで探しましょ

今回取材したハウスメーカーは

大和ハウス工業

10年、20年、30年・・・、次の世代にも住み継がれていく家。耐震、耐久、省エネといった住まいの基本性能を高めていくことで、暮らしの安心だけでなく、建物にかかる生涯のコストの低減をめざし、ずっと住みつづけたいと愛着のわく家をつくりあげました。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

大野城

大野城

香椎浜

久留米

関連記事

新着記事