LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【大野城】サンヨーホームズのカフェみたいなモデルハウス

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

実際におうちの中を見てみよう

 

リビングは、古民家のイメージをメインに現代モダンを取り入れたインテリアだそうです。
その心は、昔ながらの日本のすばらしい技術を取り入れることだとか。たとえば、建築地や季節による風向きや風力の変化、太陽の動きを踏まえて、室内に自然の光と風を取り入れやすいパッシブ設計を行っているそうです 

DSC_0308 DSC_0344 

吹き抜けだと冬は寒いのでは?という心配もあるかもしれませんが、2Fの天井にサーキュレーターをつけているので、家全体の空気を循環させて、暖かい空気を下へ運んでくれます。

 

DSC_0367

この茶の間は、20cmの高さを設けることで、リビングに置いてあるテレビを見やすく、お年寄りが上がり下りする際は、一旦腰をかけるのにちょうどいいそうです。掘りごたつにもできるみたい。

 

 

キッチンは、「TOYO KITCHEN」。“キッチンに住む”というコンセプトどおり、ステキな空間です。アイランド型の3Dキッチン。シンクが広くて、水道も2つ標準装備。このスタイリッシュなデザインがたまりません。

DSC_0310

 それから、足元に空間があり、キッチンに立った時に足先が下に入れられるんです。これにより、無理のない姿勢で料理をすることができるのだとか。
DSC_0316

 

 

いいなと思ったのが窓の大きさなのですが、そう見せるある工夫がありました!
DSC_0327 DSC_0331 

 このサッシ部分、実は従来のものよりサッシの幅が狭くなっているのだそう。それから窓枠に入る幅も計算してあり、サッシができるだけ窓枠に入るようにして、ガラス部分がより広く見えるように細かな工夫がされているんです。ガラスはペアガラスなので、断熱性もバッチリ!サッシのカラーも選べます。

サンヨーホームズの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る

 

理想のお部屋をイメージギャラリーで探しましょ

今回取材したハウスメーカーは

サンヨーホームズ

環境に配慮し、暮らしの安全を守りながらいつまでも快適に住み続けられること。200年の長期にわたるライフスタイルを見据えた「長期優良住宅」と人と地球に優しい「ECO&SAFETY」の理念をもとに心地よく安らかな生活環境を長期に渡って持続。世代を越えて時代のニーズにお応えできる「住み継ぐ家」です。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

関連記事

新着記事