LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【大野城】健康住宅 宿泊展示場 「健康」にこだわった住まいづくり~前編~

LSCレポーター

LSCレポーターは、暮らしの特派員。
最新のモデルハウスなどの住宅情報と暮らしのアイデアを徹底レポート。住まいや暮らしの様々な疑問にも、女性ならではの消費者目線であなたに代わって取材します。

投稿記事一覧 >>

今回は健康住宅の見学に行ってきました。閑静な住宅地に2軒並んで建っていました。
宿泊体験ができる家ということで、一般的なモデルルームとは違うのかな?わくわくします♪♪

1棟ずつ2回に分けてレポートします。 

健康住宅の情報をヒット住宅展示場で詳しくみる>>

健康にこだわった家

会社名に「健康」とあるけど、どこらへんが健康なんだろう?初めに感じた疑問です。
今回取材をさせていただいて、「健康」でいるために家にできることがここまであるのか!というくらい、感心させられるポイントがありました。

【こだわりのフィルター】
私が家に入ってまず感じたことは、空気が澄んでいるということです。むしろおいしくさえ感じました。
宿泊体験した妊婦の方も、「ひどかったつわりが、宿泊している間は全然大丈夫だった」というくらい!
それくらいきれいな空気を私も実感できました!

その秘密はここにありました。部屋の中にいくつかあるダクトフィルター

  

特にこの右のフィルター。
今の季節の悩みである花粉は、100%除去してくれるそうです。
そして今話題のpm2.5もほとんど除去してくれるらしい!これにはとても惹きつけられました!
何年も前からスウェーデンのメーカーのフィルターを使用しているそうですが、今年pm2.5が話題になってから、除去できるか数値をチェックしてみたところ、しっかり対応しているものだったそうです!
汚れた外気は徹底的にシャットアウトするという意識の高さが実感できました。
しかも2時間に1回空気が入れ替わるので、常に空気が新鮮なんだそうです。

この換気システム、24時間連続してると聞いて「電気代は・・?」って思わずドキドキしてしまいましたが、月に500円くらいだそうです。これくらいなら安心!

【外断熱】
また、健康住宅のこだわりの1つに「外断熱」があります。
健康住宅は、九州には外断熱は必要ないだろうと言われていた時代から、徹底的に外断熱にこだわってきたそうです。

家の外側を遮断するため、構造躯体が外気に触れないので、住宅内の温度差が発生しにくくなります。
わざわざあたためなくても天井裏も、床下も、居室とほとんど同じ環境、温度になります。
もちろん、トイレや浴室と、暖かいリビングも大きな温度差がありません。
エアコンに頼らない生活ができるように、壁自体が自然の熱の暖かさを吸収し、温度が逃げないようになっています。

取材した日は雨模様で少し寒かったのですが、家にいて暖房なしでもすごく快適でした。
床もスリッパなしでも十分暖かい!床下も居室の一部ととらえ、基礎断熱も徹底しているそうです。
それだけではなく無垢材を使用したり、熱橋部分(外の外気や熱気の温度が住宅の内部に伝わる部分)を少なくする工夫、高い高気密レベルなど、底冷えしない工夫がありました。
フロアの温度が年間を通してほとんど変わらないというから、すごいですよね。

 

さっそく家を見学していきましょう♪

理想のお部屋をイメージギャラリーで探しましょ

今回取材したハウスメーカーは

健康住宅

人にやさしく、自然にやさしい住まい。健康住宅がご提案するのは「自然素材」をふんだんに使用し、「外断熱工法」による快適な住環境を実現した住まいです。家のどこにいてもほんのりと優しい木の香りに包まれる心地よい我が家。素足で過ごしたくなる無垢材の心地良さと外断熱工法ならではの室温環境。家にいる時間を大切にしたい方のための住まいです。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

関連記事

新着記事