LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【マリナ通り】建築家とつくる都市型ナチュラルモダンの家

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

健康と快適を提供する「悠悠ホーム」から“建築家とつくる家”が誕生したと聞いて、早速見学に行ってきました。

マリナ通りにある住宅展示場の中で異彩を放つ外観! コンセプトの「KAI(囲)」の通り、家が木の壁に囲まれています。スタイリッシュでモダンな印象♪

 

 

圧倒的なデザイン性の高さ

IMG_4328

中に一歩入ると、明るくオシャレなデザインに期待感が高まります! まず気づくのは、窓にカーテンがないこと。木の壁に囲まれていることで、完全にプライベート空間を実現。カーテンが必要ないんです。庭までが部屋のようで広く感じます。自然光が十分に入るので、照明も間接照明のみで部屋全体がやさしい光に包まれています。「直射日光が入る時間帯など暑くないのかな?」と気になる方もいると思いますが、そこは「悠悠ホーム」独自の遮熱・外断熱工法なので、大丈夫だそうです!

 

 

木の格子がキーワード

真っ白な壁に木の床や家具、天井。木目が独特のタモ材で統一されています。丈夫なので家具によく使われる木材だということで、キズになりにくいそうです。そしてこの家のポイントとなっているのが木の格子。

IMG_4342

玄関とリビングのドア、2階の手すり部分、階段など。明かりと風が抜けてとても心地よい空間になっています。実は木の格子は、このモデルハウスの建築家である熊谷秀和氏のこだわりで、リビングに置いている『シャルロット・ペリアン』のソファにヒントを得たものだそう。好きなデザインの家具から家を設計するなんて、建築家ならではの発想ですね。格子のデザインを引き立てているのが漆喰の白壁。実はこの漆喰、下に紙のクロスを貼ることで、コストを抑えているんです。デザイン性だけでなくコストパフォーマンスまで考えられているのが主婦的にはポイント高いです。

 

悠悠ホームの詳しい情報をヒット住宅展示場で見る

 

 

今回取材したハウスメーカーは

悠悠ホーム

こころとからだの健康を育み、家族をつむぐ生活空間を提供することを使命と考えています。 独自の遮熱・外断熱により、熱効率のよい大空間を実現。 家族のホットなコミュニケーションが生まれます。 FFC免疫木材を使用した空間は、カビ、ダニ、VOCの発生を抑え、免疫力を高め、住むだけで心身共に健康になれます。 また、木にこだわった、100年頑丈で三代にわたって長持ちする住宅を提供させて頂いています。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

マリナ通り

マリナ通り

香椎浜

久留米

関連記事