LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【佐賀】セキスイハイム『住まいの体見感ツアー』に参加しました☆その2

LSCレポーター

LSCレポーターは、暮らしの特派員。
最新のモデルハウスなどの住宅情報と暮らしのアイデアを徹底レポート。住まいや暮らしの様々な疑問にも、女性ならではの消費者目線であなたに代わって取材します。

投稿記事一覧 >>

今回はセキスイハイムの『住まいのワクワク体見感ツアー』で鳥栖工場に行ってきました。

前回の淳子さんの記事はコチラ→セキスイハイム『住まいの体見感ツアー』に参加しました

セキスイハイムの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

■風速100m/秒にも耐えるスーパー瓦

午後からはいろいろな実験や工場内のライン見学をしました。

まずは、台風館で台風実験です

ここでは、実際に台風並みの風速を体験できます

風速25m/秒を体験!!

ゴーグルをしていましたが、まっすぐ前を見れないほどの強風でした

 

台風で怖いのが色んな物が飛んでくることですよね・・・もしあたってしまったら大けがしてしまいます

特に瓦が飛んでしまっている家多いですよね

実験で次に見たのが瓦の強度実験です。

一般的な設置方法の瓦とセキスイハイムのブルック瓦をそれぞれ台風に見立てた強風を当てて瓦が吹き飛ぶかの実験

 

一般的な瓦は・・・・

雨と強風に耐えれず

瓦が吹き飛んでしまいました

 

セキスイハイムのブルック瓦は・・・

雨と強風にも耐え瓦が1枚も吹き飛ぶことはありませんでした

 

ブルック瓦は『二重吊子固定方式』で4箇所を固定しているため、風速70m/秒にも耐えることが出来ます。

しかも、フラットの屋根にすると風速100m/秒でも耐えることが出来るそうですよ!!

 

 

また、屋根はクッション性がある素材を使用しているため物が飛んできても瓦が衝撃を吸収して瓦が割れないんです

九州は台風が多いのでブルック瓦の屋根なら安心ですね!!

セキスイハイムの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

■工場で家が出来る?! ライン見学

台風実験の後はいよいよ工場のライン見学です。

工場の中の写真はありませんが、ここでは実際に家ができるまでをラインで一つずつ見ていきました
鳥栖工場では九州中の家が作られるそうで工場内はとっても広かったです。

 

セキスイハイムの特徴は何と言っても工場で家を造ってしまうという所ではないでしょうか

工場の中ではユニット(部屋)ごとに家を造っていきます。

工場では、部材の管理、穴あけ、釘打ちなど、すべてコンピュータで精緻にコントロールされているので、設計通りの高性能を維持する事が出来ます。

そして、屋根がある屋内で作るので雨風の影響を受けることがないので、部材が劣化する心配もなく、品質を守りながら作業ができます。

工場で作られたユニットは建築現場でその日のうちに組み立てられ、屋根工事まで終わらせるそうです。
1日で棟上げまでできてしまうという事は、雨などの天気の影響をほとんど受けなくて済むのでなんだか安心ですよね

 

工場では品質管理には徹底的に管理をしていて工程ごとに緻密な施工チェックをします。
最終工程では250項目の検査を実施して合格した家だけが出荷されていきます。
工場で家を造るからこそ細かい検査が実施できるんですね。

工場で家を造るメリットがいっぱい見ることが出来ました。

セキスイハイムの家は、立て替え工事の場合は約60日で完了するそうですよ!!
あっというまに家が建つのも魅力的ですよね

 

工場のラインを見学した後は設備館のショールームで玄関や台所などの最新設備を見ました。

セキスイハイムの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

■あんしんハイムの家

見学の後は再度実験タイム。ユニット落下実験と耐火実験を見ました。

耐火実験では一般的な外壁とハイムのSFCボードの外壁をバーナーで焼きます

今の外壁は燃えないのは当たり前ですので、どちらも外壁が燃える事はありませんでした。

が、外壁の裏面触ってみると・・・

一般的な外壁は熱くて触れなかったのに対してSFCの外壁は全く熱くありませんでした

SFCの外壁は840度の熱でも内部の温度は80度以下になっているため、万が一隣家で火災が起きても安全に避難が出来、家財の影響も少なく食い止めることが出来ます。

 

そして、ユニット落下実験では、3mと5mの高さからそれぞれ落下させました

 

落下の衝撃はかなりのものでしたが、ユニットはまったく歪むことがなく、元々あった基礎にキッチリはまっていました

ユニットは『ボックスラーメン構造』で大地震にも耐える強度になっています。
実際の住宅ではユニット同士を結合させるので、さらに強靭な構造体を構成する事が出来ます。

台風にも火事にも地震にも強い家だという事を実際にこの目で見ることが出来てセキスイハイムの家の強さに納得する事が出来ました。

 

今回のセキスイハイムの『住まいの体見感ツアー』に参加して、工場で高品質で緻密な家を造る事が出来ること、セキスイハイムの技術で台風や地震など日本に多い災害にも耐えられる家だという事をすごくよく理解できました。

また、セキスイハイムはソーラー住宅建設棟数が世界一でギネス記録にも認定されているそうで、エコ住宅の一歩先を行っている事も知ることが出来ました。

 

『住まいの体見感ツアー』は定期的に開催していますので、工場で作られる家を実際に確かめてみてはいかがでしょうか?

今回取材したハウスメーカーは

セキスイハイム九州

快適エアリー(あったか×さわやか通年型空気調節システム)で年じゅう、家じゅう快適で省エネ。
快適の進化は家計・環境・家族の健康にやさしい家。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

マリナ通り

大野城

関連記事