LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【山口】エス・バイ・エル☆バスで行くなるほど工場見学会 その2

LSCレポーター

LSCレポーターは、暮らしの特派員。
最新のモデルハウスなどの住宅情報と暮らしのアイデアを徹底レポート。住まいや暮らしの様々な疑問にも、女性ならではの消費者目線であなたに代わって取材します。

投稿記事一覧 >>

エス・バイ・エルの山口工場見学に行ってきました

前回の麗子さんの記事はコチラ→

前日の雨が嘘のように晴天に恵まれ、マリナ通り展示場からバスで山口へ出発!

バスに揺られて約2時間30分エス・バイ・エルの山口工場に到着です☆

 

今回の工場見学会は四国の松山、大分は中津、福岡は北九州、福岡、大野城と各地から約130人の参加していました

 

社員の方のあいさつでは新入社員の方の余興もありました。

 

お弁当を食べたらいよいよ工場見学です

 

 

工場見学セットです↓

工場内はラインが稼働中で声が聞こえづらいので、イヤホンで解説をききます。

ヤマダ・エスバイエルホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

工場内の写真はありませんが、工場内はとにかくきれいで必要な分だけが出されていてスッキリしていました。

エス・バイ・エルの木材は世界有数の木材会社アメリカのウェアハウザー社から輸入をしているそうです
しかも、Jグレードという最も上質な木材だけを輸入しているとの事!!

さらに、工場では厳しい品質管理を徹底していて、届いた木材を全てチェックしているそうです。
割れ、キズ、反りがないかなど14項目にわたって検査、含水率もチェックして基準をクリアした木材だけが使用されます。
検査にクリアした木材はそれぞれ加工されますが、ここでもコンピュータ制御で寸分の狂いなくパーツが作られます。

パネルは、くぎ打ちではなく、接着力が強く耐水・耐久性に優れた水性高分子イソシアネートという接着剤を使用しています。
最後は20分プレスして、しっかり圧着させます。
これで、 台風や地震などにもビクともしない高強度パネルになります。

高性能の住まいづくりの為に厳しい品質管理を徹底しているのが、工場を見てみてすごくよくわかりました。

 

工場見学の後は実験タイム

パネル実験ではエス・バイ・エルのパネルと2×4のくぎ打ちパネルの強度実験を見ました。

パネルに負荷をかけるとくぎ打ちパネルの方は下のくぎが外れパネルに大きくズレが生じましたが、エス・バイ・エルのパネルはまったくズレが生じていませんでした。
また、負荷を解いた時の復元力でもくぎ打ちパネルの方はほとんど戻らなかったのに対して、エス・バイ・エルのパネルはほぼ元通りでした。

これは、大きな地震が来ても耐えられる充分な強度があるという事がわかります

木造は地震に弱いのではないかと思う方も多いと思いますが、エス・バイ・エル独自の接着パネルが強い剛性を実現して、地震に強い家を造る事ができます。

 実際にエス・バイ・エルパネルのすごさを目の当たりにしてテンションもアップしてきました

実験タイムはまだまだ続きますが、続きはまた次回報告しますね。

つづく・・・

今回取材したハウスメーカーは

ヤマダ・エスバイエルホーム

住まいづくり一筋に58年。
木が持つ優しさや強さを生かして、より快適で安全な住まいづくりを追求しています。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

マリナ通り

大野城

関連記事