LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【春日市】大和ハウス工業の、木造住宅を見てきました!

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

「大和ハウチュ」のCMでおなじみの大和ハウス。みなさんどんなイメージを持っていますか?「おカタメ?」「鉄骨系の住宅?」と思われていることが多いと、木造担当の方の悩みを聞きつけ、今回、大和ハウス工業の、木造住宅に取材に行ってきました!

大和ハウス工業の情報をヒット住宅展示場で詳しく見る

場所は、先日も谷川建設の記事でレポートした、春日市のパインパーク。今日見せていただく家はだれもが見学できるモデルハウスとして作られていますが、なんと建売住宅として買うこともできるのです。

DSC_0188

 

こちらが、大和ハウスの木造住宅です。

木造、木造ってなんのことかと言いますと、住宅の建材のお話ですが、木造の家は同じ規模の鉄骨系の住宅と比べると、価格が割安で建てられる場合が多いのです。しかも、いま「木材利用ポイント」という、国産の木材を使っているおうちに適用される、かつてのエコポイントのような制度もあるのだとか!これは知っておくといいですね。ちなみに柱や梁は、100%国産の木材を使っているんだそうです!

いよいよ家の中に足を踏み入れます。

DSC_0157

入った瞬間、思ったのは「わぁ、いい香り!」ということ。木の香りと、リビングに面している和室のい草の香りです。五感が気持ちいい家というのは、いいですね。

また「広さの割にずいぶん開放感があるなぁ」ということ。これは担当の仲村さんが教えてくださいましたが、大和ハウスの木造住宅では、2013年の3月に仕様が一新されたそうで、天井高が2.6メートルと、高くなっているんです。この効果って大きいなぁ。本当に広々感じるんです。天井に梁が見える造りも、木のおうちって感じで、個人的には好感度高いです。

 

さて女性が気になる、キッチンを見てみましょう!

理想のお部屋をイメージギャラリーで探しましょ

今回取材したハウスメーカーは

大和ハウス工業

10年、20年、30年・・・、次の世代にも住み継がれていく家。耐震、耐久、省エネといった住まいの基本性能を高めていくことで、暮らしの安心だけでなく、建物にかかる生涯のコストの低減をめざし、ずっと住みつづけたいと愛着のわく家をつくりあげました。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

大野城

大野城

香椎浜

久留米

関連記事

新着記事