LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【西区】<サンヨーホームズ>二世帯住宅の構造見学に行ってきました♪

LSCレポーター

LSCレポーターは、暮らしの特派員。
最新のモデルハウスなどの住宅情報と暮らしのアイデアを徹底レポート。住まいや暮らしの様々な疑問にも、女性ならではの消費者目線であなたに代わって取材します。

投稿記事一覧 >>

こんにちは!
将来二世帯同居を考えてあれこれ検討中のミキです。

今回は、サンヨーホームズさんの構造見学会に行ってまいりました。
サンヨーホームズさんでは、2月の土日、「住まいまるごと探検フェア」と題して全国各地で見学会を行っています。
HP http://www.sanyohomes.co.jp/event/sumaitanken/

私が今回おじゃましたのは、今も続々と家が建っている福岡市西区今宿のおうちでした。
このお宅が「二世帯住宅」という事もあって、将来二世帯での同居を考えている私としては、これは勉強しておかなきゃ~!と興味津々でお伺いしたのでした♪

着いてビックリ!
2世帯だけど、平屋なんですね!300坪あるそうで、だからこそのこの設計なんでしょうね~

$hit住宅展示場×ママプロジェクト

しかも!柱が少ない!
担当の方にお伺いしてみましたら、「トラス構造」という体育館の屋根や、東京ゲートブリッジなどの橋の構造にも使われる構造で、非常に高耐震なんだそうですね~!

サンヨーホームズの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る >>

 

サンヨーホームズさんのHPの「100年発想の構造躯体ってどう違うの?」の所に詳しく書かれていたので、良かったらみなさんもご覧下さいね!

$hit住宅展示場×ママプロジェクト

あとHPを色々と拝見してましたら、「高耐震」+「制震」と書いてありまして、揺れを抑制するシステムと揺れを吸収するシステムの両方が取り入れられてるんですって!

建築基準法では、震度5程度の地震における建物の水平変形量(層間変形角)が、柱の高さ(H)の1/120以下であるよう定められているのですが、これに対してサンヨーホームズは、1/423という業界トップクラスの低さを実現しているそうです。
すごいですねえ~!

そうそう。
先ほど柱が少ないという事だったのですが、そうする事によりいずれこのおうちの家族構成が変わって暮らしが変わった時にでも壁を取り壊したりしてお部屋の間取りも変えやすくなって良いのだそうですよ。

先ほどもチラッと出ましたが、サンヨーホームズさんでは、100年住める家を提案されているそうで、例えば外壁などは、白いと雨だれで黒~いスジが壁に染み付いてしまうのってイヤだけど仕方のない事なんだろうなって思ってたんですけれども、なんと!30年間くらい白さを保つ仕組みがあるんだそうです。

他にも色々と、30年間メンテナンス不要の部分があるそうで、そういうのも、こうやって実際に何度も色々と足を運んで聞いてみないと分からない事って沢山あるんだなあ~と取材の度にまだまだ驚きと発見の連続です!

構造見学会や、完成見学会など色んな催しが各地で開催されていますので、皆さんも、お近くのヒット住宅展示場のモデルハウスに行ってどんどん情報を仕入れてみて下さいね!

今回取材したハウスメーカーは

サンヨーホームズ

環境に配慮し、暮らしの安全を守りながらいつまでも快適に住み続けられること。200年の長期にわたるライフスタイルを見据えた「長期優良住宅」と人と地球に優しい「ECO&SAFETY」の理念をもとに心地よく安らかな生活環境を長期に渡って持続。世代を越えて時代のニーズにお応えできる「住み継ぐ家」です。

ヒット住宅展示場でモデルハウスを詳しく見る

関連記事