LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

【オシャレなくらしのヒント集】カーテンって、どう選べばいいの?tissu+tissu(ティシュティシュ)

LSCレポーター

福岡を中心に取材に駆け回る編集者。
暮らしのトレンド、住まいの疑問など、女性ならではの消費者目線でレポートしていきます。

投稿記事一覧 >>

だんだんと暖かくなり、春がそこまでやって来ていますね。そろそろ窓を開けて、風を感じたい季節です(花粉やPM2.5の心配はありつつも…)。窓といえば、カーテン! 家を建てる方はもちろん、お引越しシーズンでもある季節、心機一転カーテンを変えてみるというのもいいかもしれません。今日はカーテン選びのポイントについて、Bivi福岡にある『tissu+tissu』さんに聞いてきましたよ。

 

話を伺ったのは、約20年間カーテンメーカーに在籍、10年前に独立し『tissu+tissu』をオープンさせた、カーテンのスペシャリストです。

 

カーテンというのは、お部屋の中でも面積が広く、そのお部屋の印象を決めてしまうもの、そして家主のセンスが出る場所でもあります。

というと、ちょっとプレッシャーになるかもしれませんが、カーテン選びの基本は、“洋服を選ぶように好きなものを選ぶこと”だそうです。

まずは、シンプル、ナチュラル、モダン、エレガント、クラシックなどイメージを決めます。そして、遮光カーテン、ウォッシャブルなど、条件がある場合はそれらをスタッフに伝えて、選んでいきましょう。

 

こちらのお店の特徴は、国内メーカーからセレクトしているのに加え、海外からの取り寄せも行っている、いわばカーテンのセレクトショップだということ。メーカーも価格帯も幅広く揃っているので、たとえばお部屋ごとにイメージが違っても対応できちゃうんです。

ところで、海外メーカーって気になりますよね。

主にイギリスやフランスやドイツのカーテンを取り扱っているとのこと。これらの国は日本が障子や襖しかなかった時代からカーテンがあったわけで、歴史の深さが違うんです。綿やシルク、麻などの生地が多く、風合いや色が美しいという特徴があるそう。実際に見せてもらうと、シルクの光沢や麻の素材感、レースの上品さ、刺繍や柄の色など、とても品があって、部屋に奥行きを出してくれる気がしました。

 IMG_3668

これはフランスのものでシルク生地。花柄の色や生地の光沢感もシルクならではの上品さがあって、とっても素敵(写真が巧くなくて伝わりきれていないので、ぜひお店でご覧ください~)

IMG_3665 

こちらは、イギリスのもので生地は麻です。リスやトリの刺繍が美しくて、まるでタペストリーみたい。私の勝手なイメージですが、和室にもモダンにマッチしそうです。

 

国内メーカーはというと、メーカーや価格帯にもよりますが、海外メーカーに比較してのざっくりとした特徴を挙げるとすれば、ウォッシャブル、UVカット、ミラー、花粉キャッチなど、機能性に優れていること。しかしそれゆえ、化学繊維の生地であることが多いらしいのです。家で洗えるというのは、私にとってもかなり重要度は高いのですが、海外のデザインもとっても素敵。

機能性を選ぶか、デザインや素材感を選ぶか、なかなか悩ましいところですが、

お部屋ごとにその優先順位を変えるというのも一つの考え方です。

 

そして、「マリメッコ」を扱っているというのも『tissu+tissu』の大きな特徴です。

 IMG_3642

「マリメッコ」といえば、ビビッドな色とインパクトのある柄。お部屋のアクセントになって、とってもおしゃれです。柄を生かすために、他の生地を足したり、アレンジしたりというオーダーにも応じてくれます。

IMG_3661 IMG_3664 

たとえばこのように、下にピンクの生地を付けたして、さらにビーズでデコレーション! とってもフェミニンです(この生地はマリメッコではなく、イギリスのTwinkle Toesです)。

015m15

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように、HPで施行例をいろいろ見られるので、ぜひのぞいてみてください。

ちなみに、ランプシェードも作ることができますよ。

 IMG_3647

 

ところで、カーテンって、レースが外側でカーテンが内側というのが常識と思っていたのですが、外側に厚手の目隠しカーテンを引いて、内側に柄のあるレースをコーディネートするというのも多いそうです。

 小室邸3

こんな感じ。やわらかい印象でとっても素敵です。

それにかなり驚いてしまったのですが、「10年くらい前からありますよ」と言われ、知識不足が露呈…。「でも、カーテンを買いに来たりしないと、そういった流行を知る機会もなかなかないですもんね」とすかさずフォローしてくれました(汗)

そうなんです、なのでいろいろとスタッフの方に聞くに限ります。

 

というわけで、購入の時期も聞いてみました。

引き渡しの2か月くらい前から下見をして、1か月前に決定するのがいいでしょうとのこと。国内メーカーのものなら2週間で、輸入物でも1か月あれば納品できるそうです。

 

『tissu+tissu』さんのいいところをもうひとつ。

お店のスタッフの方が部屋の下見し、サイズを測って、打ち合わせをしてくれます。その際に、お店で選んだいくつかの候補をお部屋に持って行って合わせられるというところ!実際に、お部屋の天井や床の色、光の入り方などに合わせると、答えはすぐに出る、とのこと。確かにお店でいいと思ったものでも、部屋にしっくりくるかどうかが重要ですもんね。しかも布の切れ端ではないんです。ある程度長さのあるカーテン生地を持って行けるので、イメージしやすいと思います。

 

「想いを伝えてくだされば、いろいろと提案いたします」とのことなので、ぜひとも相談に行ってみてください!!
カーテンだけでなく、ロールスクリーンやブラインドの相談もOKです。

  

おまけ♪

カーテンが決まったら、カーテンアクセサリー選びも楽しいですよ。

IMG_3651 IMG_3646

 

IMG_3655 IMG_3653 

タイバック(カーテン留め)一つでこんなに雰囲気が変わります。

 

そして、おすすめはこれ。

IMG_3659

マグネットタッセルです。下からカーテンをたぐってこのマグネットタッセルで留めれば、ドレープができて、カーテンの表情が変化。これはお手持ちのカーテンでも簡単にアクセントとして使えますよ。

 

 

 

tissu+tissu

福岡市中央区渡辺通4-1-36 Bivi福岡1F

tel 092-725-0002

営業時間:10:00~20:00

「オシャレな暮らしのヒント集」記事一覧へ >>