女性にやさしい家づくりの豆知識

一戸建ての家づくりには、たくさんの情報が必要になります。
資金のことや注文住宅の建て方など、知っておくと便利な様々な豆知識をご紹介します。

第2回 資金のお話

住宅展示場とは資金のお話注文住宅の魅力とは
家づくりの流れハウスメーカーについてモデルハウスについて

家を買うのは頭金ができてから?いいえ、そうではありません。

住宅の購入は、頭金が準備できてからのほうがよいのでしょうか。もちろん、頭金がたくさんあるに越したことはありません。
しかし「もし家を建てるつもりがあるのであれば、いまの時代だったら早く建てる。」という考え方もあります。

住宅を購入する場合、多くの人が30~35年くらいで住宅ローンを組むことになり返済する際は「元金+利息」を返していきます。この利息が考えているよりも大きな金額で、その時の金利に大きく左右されます。
いまは超低金利の時代。一番低い金利は、0.775%というケースも(変動金利の場合)。手付金として最初に払う100~200万円が準備できれば、低金利のうちにローンを組んだ方が、ずっと有利なんです。

新築で一戸建てを建てることを決めました!さっそくハウスメーカー・工務店選びから始めてよいですか?

先に建てる物件を決定してしまうと、無理なローンを組んでしまうこともありえます。後々の生活設計を明るいものにするために、まずは資金計画や住宅ローンから考えてみましょう。
>>詳しくは資金・住宅ローンのページで!

我が家の家計から無理なく払える住宅ローンってどれくらいですか?

家を購入する際には、住宅ローンのことだけでなく家計の見直しも一緒に考える必要があります。支出の無駄を省いて、自分たちの家計から無理なく払える金額を割り出しましょう。
>>詳しくは資金・住宅ローンのページで!

住宅ローンの「固定金利」「変動金利」はどちらが良いのですか?

住宅ローンの金利タイプである「固定金利」「変動金利」は、住宅ローンを借りる際、そのどちらを選ぶかで返済総額に差が生じます。それぞれの金利のメリット・デメリットを知った上で、自分にあったものを選びましょう。
>>詳しくは資金・住宅ローンのページで!

いま話題の、住宅にまつわるお金のトピックスを教えてください!

まずは2014年4月からアップすることが決まった消費税でしょうか。消費税増税がどの程度住宅購入費に影響するのかを知りましょう。増税時の経過措置もチェックを忘れずに。他には金利の動きや、住宅ローン控除、贈与税の非課税措置などがあります。
>>詳しくは資金・住宅ローンのページで!

頭金を多く入れたほうが後々の返済が楽になるし頭金はできるだけ多いほうが良いですか?

手持ちの預金をすべて住宅ローンの返済に回してしまうのは危険です。生活をしていく上で、思いがけない出費が起こった時に対応できる余力として、手元に残しておく金額は、1年分の生活費が目安です。
>>詳しくは資金・住宅ローンのページで!

資金のおはなし

家づくりと同じく、しっかり考えないといけないのは住宅ローンの事。
金利は変動するものなので、低金利と言われてる今、購入のタイミングを見逃さない事が大切です。
頭金を増やすことも大事ですが、ローンの金利は想像より大きなものです。
まずはローンの種類や返済計画をしっかりと練ってみましょう。

お家づくりの資金についてはhit住宅展示場オフィシャルサイトへ