LIFESTYLE REPORT

モデルハウスが90棟以上!福岡のヒット住宅展示場の最新情報 女性ならではの視点で住まいと暮らしをレポート

新学期シーズン!憧れの子ども部屋特集

2013年4月26日 投稿者:

LSCレポーター

LSCレポーターは、暮らしの特派員。
最新のモデルハウスなどの住宅情報と暮らしのアイデアを徹底レポート。住まいや暮らしの様々な疑問にも、女性ならではの消費者目線であなたに代わって取材します。

投稿記事一覧 >>

新学期シーズン♪可愛らしい新入生を街でみかけるたびに微笑ましい気分になる季節です。
子どもが幼稚園や小学校に入る前に家を購入される方は多いですが、
一戸建てに住む一番の目的が「子どもがのびのび過ごせるように!」という親心。

家づくりの中で、一番夢がある場所が「子ども部屋」ではないでしょうか?
自分たちの子ども時代の憧れと、そこですごす子どもたちの様子を思い描いては、子ども部屋をあれこれと妄想する楽しさもありますよね♪

今回はhit住宅展示場の各モデルハウスの中から子ども部屋のヒントをいくつかご紹介いたします。

【マリナ通り】D&H

12帖の子どもスペース。
お子様が小さい間やおひとりの間は、可動式収納を壁につけて広いワンルームとしてご利用頂けます。

部屋を分ける際は、可動式収納を真ん中に設置し、約5帖づつのスペースに。
比較的オープンなスペースとなりますので、コミュニケーション重視のパパ・ママも安心です。

D&Hの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>>

【マリナ通り】トヨタホームつくし


3階にカウントされない高さ140センチ以下のロフト。
子供たちにとって秘密基地のような場所で大人気のスペース。
壁紙を一面だけPOPなものにしたり、チョークボードにしたりして、
壁面で大胆に遊べるのもロフトならではかもしれませんね♪

トヨタホームつくしの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>>

【マリナ通り】健康住宅

 

窓の外とのつながり、家の中でのつながり。

つながりを大切にした子供部屋です。
子供部屋に子どもだけでいても、窓から家族が様子を見ることができます。
健康住宅には保育士がおりますので、ゆっくりとご相談して頂けます。
フリマーフィルターで澱んだ空気を除去、お子様が安心して暮らせる健康住宅です。

 

 

健康住宅の情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>>

【マリナ通り】積水ハウスシャーウッド

2階には延床面積には算入されないセントラル収納スペースがあります。季節の品や思い出の品を収納できるだけではなく、子供の遊び場としてもゆとりを持って使って頂けます。TVやオモチャを設置して、バックヤードとしての役割とキッズスペースを兼ね備えています。
また、常に家族の気配を感じることができるつくりに家全体がなっているので、家族のつながりを大切にしたいご家族にオススメです♪

積水ハウスシャーウッドの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>>

【大野城】住友林業

6帖の広さにとなりのもう一つの子供部屋と両面使いのシュテムニートという壁面収納を設置。
将来的に一部屋にできる間仕切り収納です。

2方向に窓を確保。明るく風通しのいい空間。
床はナラの無垢材を使用し、天井には梁を見せ、木質感溢れる空間になっていました。 

住友林業の情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>> 

【大野城】東宝ホーム

年の離れた姉妹のお部屋という設定。勾配のある天井が特徴で、吹き抜け+屋根裏でメリハリをつけています。
勾配のある屋根裏の部屋は、いずれ子どもが巣立ったあとは、物置としても使えます。

 

廊下にはBluetoothがつけられていて、家族がそれぞれ違う場所で違うことをしていても、同じ音楽を愉しめるそう。
こころがどこか繋がっている…
そんな暖かな空間が作れそうですね! 

 

 

  

 

東宝ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>>

【香椎浜】三井ホーム

女の子姉妹のお部屋をイメージした作り。

2つの子供部屋の間には、共有空間「マルチスタディー」を。
可動式間仕切りのため、子供が小さなうちは仲良く一室、大きくなったら部屋を分ける、さらに将来は夫婦で使うなど、ご家族の成長に合わせた使い方ができます。

三井ホームでは「学寝分離」という
家族のコミニケーションを高めるために、子供部屋はあくまで”寝る部屋”と位置づけ、”学ぶ部屋””くつろぐ部屋”を共有空間などの別の場所に設けるという考え方を採用しています。
素敵なお店のような勉強部屋。大人になっても大好きなお部屋になりそうですね! 

三井ホームの情報をヒット住宅展示場で詳しく見る>>

 

さて、今回お送りした子ども部屋はほんの一部です。
みなさんの人生の中で、本当にあっという間に過ぎていく子ども達との時間。
家族がみんな一緒に揃って食事をしたり、会話を楽しむのも子どもが小さいうちだけですから、
思う存分可愛らしい空間を楽しんでみてもいいですよね?

 

理想の子供部屋をイメージギャラリーで探しましょ

関連記事

新着記事